2021-10-08

折れない心の弱点

私はメンタルが異常に強くて折れない。

というより折れてる暇もなければ、折れたところで何かが好転するわけでもないと思っているせいか、結果的に折れない。

もし誰かに「メンタル強くていいですね」と言われたら、きっと自分の尺度で言っているのだろうなと私は思うだろうし、適当なことを言うに違いない。

そんな私が絶賛疲弊している。

ズバリ私の弱点は「家族」だ。きっと大人になってからの私にとって唯一無二の弱点であって、最大のウィークポイントなのだ。

一般的には仕事の大変さや困難なことを嘆く人が多いけど、ハッキリ言えばアホかと思ってる。

仕事はルールの上で成り立っているのだから、ルールさえ踏襲すれば問題なく、踏襲せずに勘違いしてる奴は相手しなければ良い。

単純明快、だいたいのビジネスは社会的なルールを守れる人と自分が好きな相手とビジネスしてれば成り立つのだから。

話は戻して、息子に手を焼いている。

2秒前に目の前で起こったことを否定される。

どれだけ詳細に紐解いて説明しても、拒否される。

そーなってしまった理由はあるのだけれど、辛い。

前提条件が噛み合わない相手と議論することはかなり消耗するし、もとより成立しない。

大人の世界やビジネスの世界なら相手しなければ良い。

しかし、我が子となれば別だ。

見捨てるわけにはいかない。これからの将来が彼にはある。

電車が目的駅に着いた。

全ての要因をここで書き留められないのは残念だが、それでいいのかもしれないとも思ってる。

行雲流水。

ある程度はなるようになるから。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です